立体駐車場の種類と特徴

立体駐車場には大きく分けて自走式と機械式があって、それぞれメリットとデメリットがあります。自走式の立体駐車場は自動車を駐車スペースまで自分で走らせて駐車する形式です。上層階にフロアが広がっている駐車場もあれば地下にフロアが広がっているタイプのものもあります。地下にフロアが広がってるタイプでは室内と同じなので、監視カメラなどの設置もしやすいです。

屋根があるので雨や風や直射日光に自動車が晒されませんし、駐車スペースも機械式と比べると広めの傾向があるので駐車する時も余裕があります。コスト面でも自走式の駐車場は安く済むので、駐車場を利用する費用の負担が少なく済みます。自走式の駐車場を使う時に注意するのは重量制限とスロープで車体を傷つける事のない車高があるから確認する事です。また自走で駐車するので他の利用者と駐車場内で事故を起こさないように配慮する事も大切です。

機械式の立体駐車場は機械で自動車を収納していくタイプの駐車場です。自分で自動車を走らせて駐車しなくても良いので、駐車する手間がかかりません。自走式と比べると少ないスペースに多くの自動車を収納できるので、土地が少ない都市部で良く使われる立体駐車場です。機械によって収納されるので、盗難にあったり自動車に悪戯をされるリスクが軽減されます。

定期的にメンテナンスが必要なので、メンテナンスをする時は駐車場を利用する事ができません。その為メンテナンスの度に自動車を緊急で停める場所を確保する必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*